配策のフロントローディング

3D配策で、試作前にケーブルの経路と長さを確認
Menu

XVL Studio WR

回路情報とメカCADで作成した情報を組み合わせることで、回路情報を活用した3Dモデル上で簡単に配策が⾏えます。

※XVL Studio WRは、ラティス・テクノロジー社の超軽量化3Dフォーマット「XVL」をベースにした3D配策ツールです。

主な特長

試作機の完成を待たずに、3Dデータ上で直感的に配策ができる

配策の結果をE3.seriesに戻すことで、正確なケーブル長の発注が即座に可能

配策の結果は、そのまま製造指示書に活用可能

E3.series回路を活用した3D配策

XVL Studio WR でできること

1.回路情報を接続情報として取り込める

電装設計システム E3.series の回路情報を、XVL上にダイレクトに接続情報(ラッツネット)として取り込むことができます。接続先の部品は、メカ設計の部品を自動認識させるか、新たに配線検討用のパートを自動で発生させることができます。

 

2.経路ガイドを配置してかんたん自動配線

ケーブル配線の検討は、ラッツネットを元に経路の通過点をイメージした場所に経路ガイドを配置して行います。起点と複数の経路ガイドと終点を選択するだけで、自動で3D配線ができます。その際、可動部や熱、製造工程などを考慮して、配線禁止領域を明示的に指定しておくこともできます。

 

3.製造手順書の作成もサポート

配線検討だけでなく、作業手順書や部品手配表などの製造手順書の作成もできます。生産設備など長期にわたるメンテナンスが求められる分野では、接続情報とレイアウト図面による保全性の向上や、接続情報を活用した多拠点ラインへの同時展開なども可能となります。

 

動画でのご紹介

Play

製品導入事例

京都電機器株式会社

直感操作で、製造部門でも3D配線設計と
作業指示書を作成できる!
XVL Studio WR の導入による、モノづくり現場力の向上


株式会社アドバンテスト


ケーブル経路を含めた3D モデルの有効活用により、
新製品の立ち上げを加速「創る前に作る」


神鋼テクノ株式会社

設計段階での3D配線検討が製造・
メンテナンス作業でのバラツキを防止
製品QCD 向上に貢献、カスタム品設計の時短にも効果発揮