あらゆる製造設計プロセスに対応

DFM検証、基板製造準備、部品実装準備などのトータルCAMソリューション
Menu

CR-8000 DFM Center

DFM Centerは これまで、さまざまな基板製造技術に対応する CAM システムを目指してきました。しかし近年、基板製造市場のグローバル化が加速し、企業間の競争も熾烈となり、そうした企業から品質の維持、リードタイムの短縮、かつ収益性の向上などが強く要求されるようになりました。
また他社との差別化を図るために、多くの企業は部品実装も含めた、基板設計から製造および実装までをカバーするような EMS的な傾向を強めています。

こうした背景から、 DFM Center が持つ部品情報やネット情報などの CAD 的要素を活かしつつ、さらにカバー範囲を部品実装の準備支援まで拡張しました。これにより DFM Center は、基板設計の最終工程から、製造/部品実装までの機能を有するトータルな CAM ソリューションへと変貌しています。

 

特長・機能

DFM 検証ソリューション

基板製造・部品実装・基板設計時に、製造データを使用して DFM 検証が実施でき、事前に製造性 / 実装性の問題が検出できます。
また、基板市場全体で使用されていることにより、検証ルールや検証結果の共有など、三者間のコミュニケーションの改善につながっています。

●図研 CAD との内部連携や ODB++ 連携で検証精度を向上
●実装性検証の実現で、基板設計部門や部品実装部門でも活用
●ODB++ 連携による他社 CAD 対応の DFM 検証
●設計専業メーカなどのマルチ CAD 環境下での統合 DFM 検証

 

DFM検証ソリューションの全体イメージ

基板製造準備ソリューション

製造準備部門では、お客様から支給された製造データを取り込み、各設計および検討作業を支援し、CAM 編集部門では、CAM 編集作業を経て、各製造設備に対して最終の製造データと指示図面などを準備することができます。

●単なる CAM 編集機能のみでなく、FPC に特化した機能群を保有
●治具設計機能や指示図面作成機能などが、製造設計部門をサポート
●今後は製造設計部門向け機能を充実させ、従来の CAM 機能性をさらに向上

 

基板製造準備ソリューションの全体イメージ

部品実装準備ソリューション

部品情報やネット情報、各種属性情報を保持でき、実装準備業務をすることができます。
図研 CAD の他、ODB++、Gerber などの設計完了データを取り込み、メタルマスクやマウンタ用治具形状の編集や実装用NC、各種検査装置用の検査プログラムの出力までワンストップで行えます。
設計データを有効活用して CAM 活用することで、実装準備のリードタイムを短縮でき、また実装ラインの M2M 連携における起点となります。

●DFM Center 2018 より、部品実装準備支援の機能群を追加
●ライブラリを使用したメタルマスクの管理 / 編集
●相乗効果を狙い、テスター、検査機との装置連携を進行中

 

部品実装準備ソリューションの全体イメージ

【無償版ビュワー:Board Viewer】

DFM Center, DFM Inkjet で設計された製造データ(.fpr)などのデータが参照可能なビュワーのダウンロードは こちら

トータルCAMソリューション:DFM Center

【CR-8000 DFM Center についてのお問い合わせはこちら】