製品・サービス

世界のモノづくり企業のパートナーとして、最適なITソリューションをご提供

エレクトロニクス設計(EDA)

エレクトロニクス製品開発のプラットフォームとなるプリント基板設計ソリューション

エレクトロニクス設計 イメージエレクトロニクス製品の高度な機能は、半導体などの電子部品を搭載したプリント基板(PCB)の電子回路により実現されています。その電気/電子システムの設計製造を自動化・最適化するためのソフトウェアを提供しています。
最新の電子機器設計プラットフォームであるCR-8000シリーズでは、3D技術を活用した設計・検証環境を実現することで、最先端のエレクトロニクス製品開発に要求される高度な設計プロセスに対応しています。

主要製品・サービス

CR-8000 Design Force:基板設計CAD
CR-8000 Design Gateway:回路設計CAD
CR-8000 System Planner:構想設計ツール
CR-8000 DFM Center:CAMシステム

SI・EMC・熱設計:これらの課題解決のためのツール、計測設備、技術支援

CR-5000:回路・基板統合設計環境
CADVANCE:回路・基板設計トータルソリューション(販売終了製品)

電気制御・ケーブル設計

産業機器開発の作業効率化や高品質化に貢献する配線設計支援ソリューション

産業機器や電子機器の内部には、各部を電気的に接続して制御するケーブルやハーネスが複雑に張り巡らされています。手戻りになりがちであったこうした配線作業を、E3.seriesでは図面や部品表の自動生成などによって支援し、作業のミスを減らし作業効率や製品品質の向上を実現します。そのほか、3Dデータを活用した機器内のケーブル配策検討や工場・プラント向け配線工事に特化したアプリケーション開発によりソリューションの適用範囲を拡大しています。

主要製品・サービス

E3.series:電気制御・電装設計システム
XVL Studio WR:3D配線ツール

エンジニアリングデータマネジメント(EDM)

E/E(電気/電子)設計を熟知した図研だからできる製品ライフサイクルマネジメント

電子部品情報の一元管理、部品・回路・基板の各情報を連携させて保持する設計成果物管理など、他社の追随を許さない完成度でエレクトロニクス製品開発に最適化された製品データマネジメントシステム(PDM/PLM)製品を提供しています。
開発のグローバル分業や法規制対応、効率的なバリエーション開発など難易度が増す製品開発に対応し、市場競争力のある製品を生み出していくためには、EDMの活用が今後ますます重要になります。

主要製品・サービス

DS-CR:拡張性を重視した電気設計専用PLM
DS-2 Expresso:短期構築が可能なPLMパッケージ
DS-E3:電気制御・ケーブル設計用PDM

自動車電装・ワイヤハーネス設計

進化するクルマづくりに対応したE/Eシステム設計ソリューション

最先端のエレクトロニクスシステムを多数搭載し、高度化・複雑化する自動車開発。その開発の中核となるE/Eシステム設計環境を提供しています。
CASEやグローバル環境での設計製造エコシステム構築など、変化の著しい製品開発のニーズや課題に対応するため、構想設計フェーズでのE/Eアーキテクチャ検討や、設計意図を反映した後工程での図面の自動生成などの機能も強化し、進化するクルマづくりを支援する次世代の設計環境を実現します。

主要製品・サービス

E3.infinite:自動車/輸送機器 E/Eシステムズ開発環境
Cabling Designer:ワイヤハーネス回路設計ツール
Harness Designer:ワイヤハーネス製造図設計ツール

モデルベース・システムズエンジニアリング

「つながる世界」の製品開発を支援する新たなエンジニアリング

あらゆる製品が「つながる」ことによって画期的な機能を提供するようになり、モノづくりは、複雑かつ高度なシステム相互の連携を前提とした機能開発が求められています。図研では、この複合システムズの開発において、製品の構想段階でシステム全体を俯瞰して最適解を導き出すことができるMBSE導入を提案しています。MBSEのモデリングツールGENESYSの導入・トレーニングのほか、MBSEのメリットを電気設計のプロセスに適用する図研ならではのソリューションにより、「つながる世界」の製品開発を成功に導くユニークなツールとサービスを提供しています。

主要製品・サービス

MBSEモデリングツール GENESYS と、各種サービス
GENESYS-CR:要求ドリブンのエレキ設計のための新コンセプトツール

品質保証

迅速な顧客対応とデータ分析をAIが実現

電子部品メーカーがどれだけ品質維持に努めたとしても、お客さまからのクレームは必ず寄せられます。
なぜならクレームは品質の不備だけに起因するものではなく、メーカーがコントロールできる範囲外からもやってくるからです。メーカーにとって大切なのはクレームをゼロにすることではなく、クレームが寄せられた際にいかに適切な初動対応をとることができるか、ということ。
トラブルが拡大する前に、コストが増大する前に、企業ブランドが損なわれる前に、クレーム時の初動対応にフォーカスする必要があります。

主要製品・サービス

Qualityforce:品質保証部門向け クレーム情報活用ソリューション