電気制御・配線設計データ管理の効率化

E3.series専用のPDM
Menu

DS-E3

「DS-E3」は、図研の電気制御・ケーブル設計CADであるE3.seriesと連携し、E3.seriesから生成した回路図、部品情報(BOM)、CADライブラリー、仕掛中のワイヤーハーネスデータなどの設計データを効果的かつ効率的に管理します。
さまざまなドメインを跨ぐデータ管理を実現できます。プロジェクト単位、シート単位、ハーネス単位などの製品構造に配慮した品目管理を実現し、過去の設計資産の有効活用や設計変更時のトレーサビリティを確保します。
「DS-E3」の機能は、E3.seriesに組み込まれています。そのため、設計者はCAD作業を中断して複数アプリケーションを起動しなくても、CAD環境内からダイレクトにDS-E3のデータ管理機能を利用することができます。

4つの特長

設計データと成果物管理

モジュールライブラリ管理

部品や設計情報のトレーサビリティの確保

エンタープライズPLMとの連携

主な機能

設計データと成果物管理

●製品プロジェクトのバージョン管理・版管理
●セキュアなアクセス権設定・ロック機能
●ワークフローの確認、履歴管理

 

ワークフロー管理

●設計データから出力する成果物の生成と紐付けは自動化
●承認されたCADデータはシート単位で編集ロック
●ライフサイクルと連動した処理の自動化(図面、帳票生成)

 

部品から設計データのトレーサビリティ

●該当プロジェクトの抽出
●修正後は承認プロセスに移行

 

エンタープライズPLMシステムと連携

●エンタープライズPLMと構成情報を共有し、図面番号や品番などを共有できる
●手配システムと連携し、部品発注の自動化も可能

 

モジュール管理/図面の流用・共有

●図面に共有性を持たせた運用
●トレーサビリティを確保
●モジュールライブラリとして管理