電気配線CAD/ケーブル製作図自動化

機内配線、機外配線、制御盤など、ケーブル・ハーネスの配線設計に特化したエレキCAD
Menu

E3.series

E3.series は、電気制御・電装およびケーブル、ハーネス設計のための統合電気 CAD です。
先進的で強力な機能と豊富なオプションが評価され、自動車メーカとその設備関連企業を中心に、工作機械・産業機器メーカなど 3,000 社以上で実績があります。

設計データを一括管理する E3.series

設計情報を統合管理

設計情報を⼀つのデータベースで統合管理するため、シンボル図形や部品、端⼦、コネクタなどのあらゆる情報が共有でき、各図⾯で必要となる情報を柔軟に引き出し可能

図面間の整合性を確保

「結線図」「ケーブル図」「単線結線図」「展開接続図」「盤内配置図」など複数の図⾯間で設計情報がリアルタイムに連携し、常に整合性を確保

帳票類の自動生成

統合管理されたデータを活用することにより、帳票やリストだけでなくさまざまな図⾯作成を⾃動化

E3.series導入で実現できること

統合データベース管理により転記や検図の回数が激減、設計品質の向上につながります

各種図面間はリアルタイムに連携するため常に整合性が確保され、修正・検図の手間と回数を減らせます。
また、統合データベース内での情報集約により部品表などの帳票作成の手間を減らせます。

ケーブル図自動生成

回路図作成時に定義したコネクタ/ケーブルなどの情報をもとにしたケーブル図への転記作業を自動化します。
これにより、図面作成工数の削減と、回路図との整合性の保持が可能となります。

部品表/布線表出力

複数種類の図面を統合データベースで管理しているため、1機種内のすべての部品情報や、接続情報を自動出力可能です。自動出力することで、作成工数と転記ミスを削減しながら、高品質な帳票を作成可能です。

基板用回路CADと整合性を保つ設計が可能

図研の基板用回路CAD CR-8000 Design Gatewayと連携することで、基板コネクタからの嵌合コネクタを⾃動⽣成でき、基板側とのコネクタと整合性を保った設計ができます。また、設計変更にも対応可能です。

図面表記の統一が図れる

E3.seriesの導入にあたっては、各自が自由に描画していた図面を見なおし、ある程度標準化する必要があります。フォーマットが統一されるので、経験の浅い設計者でも視認性の高い図面が作成できるようになります。

製品導入事例

理想科学工業株式会社

図面間整合チェック中心の検図から、
設計品質向上につなげる検図へ
3D配策検討ツールとの両輪運用で、
初回試作の修正指摘が従来の1/3に


TOTO 株式会社

電装設計CAD導入により、
システム間連携を実現
自動化でハーネス設計工数の7割減を達成、
ワークライフバランスが劇的に改善


デュプロ精工株式会社

ライブラリはVISIOデータと属性情報を
インポートして構築
設計の自動化を推し進め、設計ミスや工数の削減を実現


グローリー株式会社

E3.seriesでハーネス図面の表記を標準化!
設計から製造まで、効率化を実現


株式会社ラスコ

設計作業の効率化と自動化を徹底し、
新たな開発要件に対応
調達・製造との連携でも効果を期待


シスメックス株式会社

図面間連携によって検図作業とミスによる手戻りが激減
「E3.series」の導入により、配線設計全体の期間が半分に


株式会社セガ

すべての時間を「面白い」のために!
ハーネス図作成の時間を半減させるセガの取組み


株式会社FUJI

設計者を、本来あるべきクリエイターへ
電気制御 CAD 「E3.series」の導入を決めた理由


Müller Martini Electronic AG

バリエーションとオプションを管理し、
製造コストを削減


Alliant Techsystems Inc. (ATK)

設計の自動化や、モックアップによる
検証の廃止でQLC を大幅に改善