HOME > 製品・サービス > 電気制御・ケーブル設計 > E3.series回路を活用した3D配線設計:XVL Studio WR

新たなエレメカ連携の3D配線設計を実現するXVL Studio WR

高度・複雑化する製品において、電気設計部門での回路・制御設計と機械設計部門のメカ・機構設計の連携では、様々なITが効果をあげています。他方、製品内ユニット間や製品と設備間の物理的接続であるケーブル配線設計の領域では、試作機現物での実配線が未だ主流です。結果として、製品開発全体の遅れや、グローバル製造展開での配線指示の複雑化などが起こっています。こうした課題に対応すべきITである3D-CADも、そのレスポンスが現実的でないことと、回路接続情報の正確な表現が複雑で困難であることが原因となり、活用が難しいのが現実です。

図研はこれらの課題を解決するため、ラティス・テクノロジー社の超軽量化3Dフォーマット「XVL」をベースにした3D配索検討ツール XVL Studio WR を開発しました。


xvl_studio_wr_chart01.png












【XVL Studio WR の特長】

回路接続情報を軽量3D空間に反映し自動配線できる XVL Studio WR は、以下のような特長を持っています。


現行業務の回路図CAD と 3D CAD データを活用(専用準備不要、簡単に運用可能)
直感的で簡単な配線オペレーション(3D CAD 未経験者の運用可能)
電気設計 / 機械設計 / 生産技術など、部門を限定しない柔軟な運用が可能
設計フロントローディングから製造指示書作成まで、幅広い活用が可能

「XVL Studio WR を用いたケーブル配策課題の解決」 紹介動画は link_icon.gifこちら をご覧ください。

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。