HOME > 製品・サービス > エレクトロニクス設計 > システムレベル設計環境:CR-8000 > システムレベル構想設計環境:System Planner

4つのVisionaryを連携活用、トレードオフ検討による最適化設計が可能に

4つのVisionaryを連携活用、トレードオフ検討による最適化設計が可能に

System Plannerは、競争力や魅力ある製品を設計早期段階で実現したり、モデルチェンジや流用設計を高品質かつ短期間で可能にしたりするための、構想設計ツールです。

スケッチやモックアップで進める構想設計を「論理ブロック/物理レイアウト/立体的構成とスペース/コスト集計」の4つの観点から検討し、全体設計の最適化を早い段階で実施可能とし、新規設計や流用設計を革新します。

システム構想設計のために4つのVisionaryを用意

System Plannerは連動する4つのVisionaryで構成され、Visionary間の操作はドラッグ&ドロップ操作で実現しています。 4つのVisionaryを連携活用することでトレードオフを行いながら、様々な視点からシステム全体を最適化設計することが可能になります。

【画像:4つのVisionary】

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。