基板とFPGAの協調設計を強力に支援するツール

基板とFPGAの協調設計を強力に支援するツール

近年、FPGAは単にロジックの試作のために使用されるのではなく、様々な他のプロセッサとの組合せやFPGA内にIPを組込むなどにより高機能化したシステムとして、その用途が拡大していることから、FPGAを搭載する基板が増えてきています。

一方で、FPGAが多ピンデバイスであることにより、「ライブラリ登録作業に負荷がかかる」「プログラマブルデバイスという特徴を有効利用することにともなうピンアサイン変更のたびにミスが起こりやすい回路設計・基板設計の連携をいかに取るか」という課題があります。

そこで、GPMは、FPGA/CPLDを用いたPCB設計を効率化するための機能を提供し、FPGA/CPLD設計と回路設計・基板設計のコンカレントな設計プロセスの実現を支援します。

【画像】GPMを利用した運用フロー

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。