HOME > お知らせ > ニュースリリース > 図研、回路モジュールダウンロードサイト「ModuleStation」でインテル社製品のリファレンス回路提供を開始
お知らせ

ニュースリリース

ニュースリリース

図研、回路モジュールダウンロードサイト「ModuleStation」でインテル社製品のリファレンス回路提供を開始
(2013/12/09配信)
図研、回路モジュールダウンロードサイト「ModuleStation」でインテル社製品のリファレンス回路提供を開始

株式会社図研(以下、図研)は、CR-5000、CR-8000用のインテル株式会社製品のリファレンス回路提供を開始いたしました。まずは産業機器でニーズの高いイーサネットデバイスのリファレンス回路を来年1月から提供開始します。

インテル製品のリファレンス回路CADデータは図研が運営する回路モジュールダウンロードサイト「ModuleStation」( http://www.modulestation.com)に順次掲載予定です。「ModuleStation」は、半導体・電子部品メーカーが設計情報として提供しているリファレンス回路を無償ダウンロードできるWebサービスで、既に9社の電子部品のリファレンス回路を提供しています。

IoT(Internet of Things、モノのインターネット)の進展により、産業機器を含む全ての組み込み機器メーカーで最新の電子部品を使った高度な電気設計が今後一層求められると予想されます。
今回のリファレンス回路提供開始により、インテル社のプラットフォームを使用する組み込み機器開発メーカーは、すぐに利用可能な回路データを「ModuleStation」から入手することにより、設計準備期間が大幅に短縮され、製品の付加価値の向上により多くの時間をつぎ込めるようなります。

今回の図研の取り組みについて、インテル株式会社の技術本部 応用技術統括部長 本間 康弘氏は、次のようなコメントを寄せています。 「インテルは、インテル(R)アーキテクチャーに基づく組み込み機器設計の効率を大幅に向上させる図研様の取り組みを心より歓迎いたします。IoT市場の拡大が期待される中、組み込み機器の開発を行う全てのお客様の設計効率を向上していくため、今後もこの取り組みに協力していきます。」

(注)
Intel、インテル、Intel ロゴ、インテル Core、インテル Atomは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。
 

【本件に関するお問合せ先】

株式会社図研 コーポレート・コミュニケーション室
TEL:045-942-1511(代)
フォームによるお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。