HOME > お知らせ > ニュースリリース > 電動航空機用パワートレインメーカー 英Electroflight社が図研E3.seriesを導入
お知らせ

ニュースリリース

ニュースリリース

電動航空機用パワートレインメーカー 英Electroflight社が図研E3.seriesを導入
航空宇宙産業、モータースポーツ分野での実績を評価
(2018/10/25配信)

Zuken-Electroflight-img.jpg英国に本拠地を置くElectroflight社は、図研の電気設計ソリューションE3.seriesを導入しました。高性能電動パワートレインのスペシャリストであるElectroflight社は今後、電動航空機の設計、組立、テストから商用モデルの開発に至るプロセスのためにE3.seriesを活用し、2年以内の商業モデルの完成を目指しています。このElectroflight社の開発は、ロールス・ロイス社が主導するAccelerating the Electrification of Flight(ACCEL)プロジェクトの一部として行われます。

Electroflight社のプログラムマネージャーであるStjohn Youngman氏は次のようにコメントしています。
「ACCEL主導の電動航空機の開発タイムフレームは非常に厳しく、スピードが全てです。我々がE3.seriesを選んだ第一の理由は、使い易く、柔軟性があり、部品表を含むワイヤハーネスの製造に必要なすべてのデータを迅速に出力できるからです。」

E3.seriesは航空宇宙産業ではすでによく知られており、モータースポーツ業界においても、厳しい納期に対応できるワイヤハーネス設計・製造用ツールとして急速に普及しています。 Electroflight社はE3.seriesの持つ航空宇宙産業向けとモータースポーツ産業向け機能のシナジーに期待しており、電動航空機にモータースポーツ用のシステム25ミルスペックコネクタとハーネスを構成する際に、それを活用します。

電動航空機の設計では多くの面で最適化が重要になります。例えば、完全電動飛行における電池容量とパワートレイン性能という2つの課題では、重量が最適化のひとつのテーマになります。航空機全体の重量を抑えるにはケーブルは短いほど良いので、電源、スイッチ、可動部の最適な配置が重要になります。E3.seriesは主要な機構CADツールと連携することが可能なので、こうした配置の検討に最適です。

Youngman氏は次のように付け加えています。「我々は非常に野心的な開発プロジェクトのスタート地点にいます。わずか2年でコンセプトから商業モデルの提供を目指すようなプロジェクトは、航空宇宙産業では前例のないことです。我々は非常に急いで学ばなければなりません。だからこそ(この業界で実績のある)図研のE3.seriesを選びました」

※Electroflightについては、 www.electro-flight.com を参照してください。
※本リリース文に記載されている製品やサービスの名称は、図研の登録商標または商標です。

【本件に関するお問合せ先】

 株式会社図研 コーポレートマーケティング室
 TEL:045-942-1511(代)

 フォームによるお問い合わせはこちらからお願いいたします。

 お問い合わせ

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。