HOME > お知らせ > ニュースリリース > 図研、電子部品情報の維持・管理など電気設計環境の立上げ・運用を支援するサービスを拡充
お知らせ

ニュースリリース

ニュースリリース

図研、電子部品情報の維持・管理など電気設計環境の立上げ・運用を支援するサービスを拡充
増加する中堅企業からのアウトソーシングニーズに対応
(2014/03/26配信)
図研、電子部品情報の維持・管理など電気設計環境の立上げ・運用を支援するサービスを拡充

株式会社図研(以下、図研)は、この度、電子機器設計情報管理システムである「DS-2」および「DS-2 Expresso(ディーエスツー・エクスプレッソ)」(注)を導入・運用するにあたって、お客様で必要となる付帯・準備作業や運用支援業務のアウトソーシングニーズに対応するため、サービスメニューを拡充いたしました。各サービスは図研および図研の関連会社である株式会社ジィーサス、協力会社であるジェイチップコンサルティング株式会社(東京都 代表取締役社長 坂本太郎、以下J-Chip)と共同で提供されます。「DS-2」および「DS-2 Expresso」導入企業は、必要とする専門サービスを図研にアウトソースすることにより、自社の人的リソースを気にすることなく早期にシステムを立ち上げることができ、より早い段階で投資効果を得ることが可能になります。
 

効率的で品質の高い電子機器設計を継続していくためには、CADの導入だけでなく膨大な部品情報、CADライブラリ、成果物情報を常に維持管理、更新していくことが重要であり、そのためには、「DS-2」のような設計情報管理システムの運用が欠かせません。しかしその導入にあたっては普通、立上げから運用にわたってシステムを管理していく人員を継続的に確保する必要があり、特に人的リソースの乏しい中堅企業において設計情報管理システムの導入をためらう原因となっていました。そこで、図研では100社、30,000アカウントの「DS-2」導入実績を踏まえ、システム立上げ期とその後の継続運用で必要とされるサービスをメニュー化、協力会社と共同で導入企業のアウトソーシングニーズに対応していくことにいたしました。
特にシステム管理のための人的リソースが乏しい電気設計部門においても容易に導入・運用可能な設計情報管理システムとして昨年10月に販売を開始した「DS-2 Expresso」については、J-Chipと共同で専用のサービスパッケージも設定し、お客様から特に要望の多い電子部品のEOL(生産中止)情報の提供を含む部品情報のクレンジングとメンテナンスを受けられる簡易サービスメニューも用意いたしました。

図研では今後も、お客様がエンジニアリングITへの投資を出来る限り早く実際の成果として獲得できるためのサービス拡充に努めてまいります。
現在提供可能なアウトソーシングサービスのメニューについては添付資料をご覧ください。
(注)「DS-2 Expresso」の呼称は、製品発表当初の「エスプレッソ」から「ディーエスツー・エクスプレッソ」に変更されました。

(参考)
【DS-2/DS-2 Expresso用サービスメニュー】
*価格は2014年3月25日時点のものです。消費税は含みません。価格は予告なく変更されることがあります。

DS-2_services.jpg

 
 

【本件に関するお問合せ先】

 株式会社図研 コーポレート・コミュニケーション室
 TEL:045-942-1511(代)
 フォームによるお問い合わせはこちらからお願いいたします。

 お問い合わせ

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。