HOME > お知らせ > ニュースリリース > 図研、「FACTORY DIGITAL TWIN」で、FAプロダクツと協調
お知らせ

ニュースリリース

ニュースリリース

図研、「FACTORY DIGITAL TWIN」で、FAプロダクツと協調
(2018/10/25配信)

株式会社図研(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:金子 真人、以下「図研」)が推進する「FACTORY DIGITAL TWIN」https://fdt.jp/)は、図研がこれまで主に設計分野で培ってきた3Dデータ活用技術を、製造ライン構築や生産設備の導入、各種工場内配線検討まで拡張して適用することにより、スマートファクトリー(つながる工場)の前提となる「工場の見える化」の迅速な実現を目指す新たな取組みです。

「FACTORY DIGITAL TWIN」が考える「工場の見える化」は、「建屋・設備の見える化」、「つながりの見える化」、「稼働状態の見える化」から成り立っており、これらを実現しさらに、顧客がそこから成果をあげていくには、様々な技術やサービスを組合せて提案していくことが必要です。そこで図研は、自社が提供する製品やサービスに限らず、顧客に最適なソリューションを提案していくため、スマートファクトリー実現を支える様々な技術やサービスを持った多くの企業とのパートナシップを進めていく計画です。

株式会社FAプロダクツ(https://fa-products.jp/、本社:東京都港区、代表取締役社長:貴田義和、以下「FAプロダクツ」)は、その中核事業としてスマートファクトリー事業を持ち、日本のモノづくり現場の実情を踏まえた導入しやすく投資効果の高い様々なソリューションパッケージを開発、販売しています。同社自身の製品だけでなく、スマートファクトリー構築に資する要素技術やソリューションを外部パートナーからも広く採り入れ、顧客に対する提案の価値を高めていく方針は、図研の「FACTORY DIGITAL TWIN」のコンセプトと非常に親和性が高いものであり、両社が協力していくことで、スマートファクトリー構築を目指す双方の顧客に対してより一層効果的な提案ができると判断し、協業することを合意いたしました。

今回の協業について、FAプロダクツ代表取締役社長の貴田義和様は、「日本のモノづくりにおいて、長年の実績と多くの顧客を持つ図研との協業が実現したことにより、今後両社でこれまで以上に価値の高いソリューションの提案や企画開発ができることを期待しています。」と述べています。また、図研の取締役オートモーティブ&マシナリー事業部長 大澤岳夫は、「少量多品種に対応することにより強くて柔軟な製造現場を目指すスマートファクトリーは、大企業だけでなく中堅企業にとってもチャンスです。そうした企業にも導入のハードルが低く投資効果の高いソリューションを提供するFAプロダクツ様は、FACTORY DIGITAL TWINにとって間違いなく重要なパートナーとなるでしょう。」と述べています。

図研は来る12月12日、「DIGITAL FACTORY TWIN」を広く紹介するためのセミナーを開催します。本セミナーではFAプロダクツをはじめとしたパートナーからの講演を予定しています。詳細については以下をご御覧ください。

----------------------------------------------------------------------------

スマートファクトリーはこう作る!
見える、つながる、分かる、製造現場の作り方

『ZUKEN FACTORY DIGITAL TWINフォーラム 2018』

日程:2018年12月12日(水)
会場:東京コンファレンスセンター・品川 402N
 https://www.tokyo-cc.co.jp/shinagawa/
 〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 4階(最寄:品川駅)
定員:100名(競合他社などの方は入場をお断り場合もございます)
Web告知ページ:https://fdt.jp/fdt_forum2018/

----------------------------------------------------------------------------


【本件に関するお問合せ先】

 株式会社図研 コーポレートマーケティング室 平山
 TEL:045-942-1511(代)

 フォームによるお問い合わせはこちらからお願いいたします。

 お問い合わせ

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。