HOME > 製品・サービス情報 > エレメカ3D活用

エレメカ3D活用

製品全体の仮想検証を軽量3Dデータで実現した XVL Studio Z

エレクトロニクス製品開発においては、従来より「エレキ設計」と「メカ設計」とが分業され、その設計環境も個別に最適化されていることが一般的です。一方で、高度化・複雑化していく製品開発では、エレキ⇔メカの連携不足に起因したトラブルが問題となっています。組織やツールが異なる環境で、製品全体を考慮した開発を行うためには、各部門間での効率的かつ質の高い情報伝達が求められます。

XSZ_categorytop_pict1.png エレキ設計環境での豊富な実績を持つ図研は、プリント基板CADが持つ電気属性を反映したPCBの3Dモデルを活用したエレメカ検証ツール “XVL Studio Z” をご提供しています。 XVL Studio Zは、データサイズや描画速度などの3Dデータの基本性能で世界最高水準を誇る”XVL”を使用しており、大規模アセンブリへの対応や、部門間での容易な情報伝達を可能としています。

XVLの詳細はこちらから
※ラティス・テクノロジー株式会社のサイト内のページにリンクします



XSZ_categorytop_pict2.png

【XVLの特長】
・超軽量&高精度
・マルチCAD対応
・ビューワの無償提供

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。