【2D6】

DS2

 DS-2プラットフォーム、DS-CR、DS-E3、DS-OPロードマップ


Industry4.0 の大変革が押し寄せ、その対応に向けた『人材不足』が大きな課題となっている今、「いかにして多くの設計者が創造性の高い業務へシフトできるか」が、各社での製品化プロセスにおける重要なポイントとなっています。

DS-2は、全ての電気・電子機器開発現場において、そうした設計者を支援するプラットフォームへと進化します。本セッションでは、それらDS-2プラットフォームのコンセプトや製品構成、およびその将来像をお伝えします。


konnna

  • 電気・電子機器開発現場での設計支援インフラ整備を検討/推進されている方
  • 製品の多様化・グローバル化に向けたエレキ設計環境の改革を検討されている方
  • 人材不足についての対策を検討されている方


point

プラットフォームとしてのDS-2、およびCR-8000/CR-5000ツール、ケーブル/ハーネス設計ツール E3.series、3rdベンダーCAD/CAEツールとのシームレス連携を可能とする各モジュール(DS-CR, DS-E3, DS-OP)の機能などについて説明します。
また、全文検索機能とそれを活用したAIソリューションによるDS-2の今後の方向性なども紹介しますので、ぜひお聴き逃しなく!


awasete

●1B5:パナソニック株式会社 アプライアンス社 様
「AIナレッジシステムによるジェネレーティブデザイン」

⇒CR-8000 SI/PI/EMC 検証ツールの活用、ANSYS/Keysight/Pspice/Simulink連携による解析事例

●1A7:Microsoft Corporation 様
「マイクロソフトが考えるeCADライブラリの概要と将来展望」

⇒Microsoft社でDS-CR/DS-OPによって複数CADのデータやライブラリを統合管理した実績紹介と展望

●2B4:アイシン精機株式会社 様、アイシン・インフォテックス株式会社 様
「エネルギー事業におけるエレキ設計環境改革の基盤構築」

⇒設計者主体によるDS-2を核とした設計環境構築、基準・ドキュメント類刷新、部品データ再構築の事例


panel

【DS-CR:ブースNo.13】

  • CR-8000をEmbedded(埋め込む)することで、業務効率化とQCDの課題解決を図るシームレスな設計環境を実現するDS-CR
  • DS-CRのベストプラクティスをパッケージ化した DS-2 Expresso、など

【DS-OP:ブースNo.14】

  • 3rdベンダーツールの包括的な活用環境を提供するOPENな設計支援インフラの概要
  • ハードウェア設計における検証プロセス変革に向けた、CAE活用支援とマルチCADデータ管理、など



ziw2018_entry_button



ZIW2018 ロードマップセッション インデックスに戻る