HOME > 製品・サービス > メカトロニクス産業向けソリューション > リスクベース・デザイン > リスクベース・デザイン支援ツール「Visual Risk」

リスクベース・デザイン支援ツール「Visual Risk」

社会インフラや製造設備など大規模システムを構成する制御システム製品の分野では、発生するインシデントが及ぼす損失や被害は甚大なため、機器メーカに対してIEC 62443規格などに準拠した運用・保守のステージでのセキュリティを考慮した製品開発を要求する動きが高まっており、企業にとっても喫緊の課題になっています。

リスクベース・デザインの考え方はこうした分野の製品開発だけでなく、その他の多くのモノづくりにとっても重要なコンセプトですが、このコンセプトを導入・運営していくことは容易ではありません。企業にとってはその対応のための様々な付帯作業が発生します。

「Visual Risk」は、設計段階で行うリスクアセスメントと、その対策を組込んだ製品設計プロセス(リスクベース・デザイン)の導入を支援します。直感的で使い易いユーザーインターフェースと描画機能を持ち、制御システム製品の開発を行う企業が参照、作成すべきあらゆる情報を一元管理することで、リスクベース・デザインの導入、IEC 62443などの規格への対応を目指す機器メーカの開発担当者の負荷を軽減し、効率的な運用を可能にします。

VR_img01_.jpg

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。