HOME > 製品・サービス> 電気設計環境改革の事例

ご訪問の際に紹介できなかった事例もございます。他の事例もぜひ参照ください。


【E3.series 導入事例】

duplo-seiko ■デュプロ精工株式会社 様

ライブラリはVISIOデータと属性情報をインポートして構築
設計の自動化を推し進め、設計ミスや工数の削減を実現

デジタルプリンタをはじめとした『紙』にまつわる事務用機器・精密機器・環境機器等の開発設計をしているデュプロ精工株式会社。プリンタを始め、製本機、断裁機、圧着機などは、世界中で使われています。
設計フローに二重三重のチェックを組み入れるなどマンパワーを使った設計ミスの削減に限界を感じ、設計情報の一元管理や図面間連携によって設計効率化や手戻りを防ぐ図研の電気制御設計システム「E3.series」を導入しました。導入の経緯や効果について、顧客製品開発部門の責任者である川口 章氏と、技術支援グループのテクニカルマネージャー 中島 高広氏、植木 数馬氏にお話を伺いました。

※この導入事例のPDFファイルをこちらからダウンロードできます。


Glory■グローリー株式会社 様

E3.seriesでハーネス図面の表記を標準化!
設計から製造まで、効率化を実現


スーパーのレジつり銭機や銀行の両替機、駅のコインロッカーなどお金を主体とした物や情報を正確かつ高速に識別・認識する製品の開発・製造・販売・アフターサービスまで一貫して行っているグローリー株式会社は、部門ごとに異なる設計環境を統一し、ハーネス図面の標準化を図るべく図研の電気制御設計システム「E3.series」を導入しました。
導入の経緯や効果について、電気系CADシステムの運用から、部品ライブラリなどのデータ管理まで一貫して行っている生産本部 本社工場 電装部 基板設計グループ 西川 浩一氏、名村 和之氏にお話を伺いました。

※この導入事例のPDFファイルをこちらからダウンロードできます。


RASCO■株式会社ラスコ 様

設計作業の効率化と自動化を徹底し、
新たな開発要件に対応
調達・製造との連携でも効果を期待


半導体・液晶業界向けを主力とするクリーン環境・温湿度制御装置を開発・製造している株式会社ラスコは、お客様のニーズとそれに応える創意工夫の精神を基本に、『かたちにしていく力』をスローガンとしています。
IoT 化の流れを受けて同社の装置にも様々なセンサーを組み込むなど、新たな開発要件が増えています。そうした状況に対応し製品の付加価値を高めていくため、同社には図研の電気制御・ケーブル設計システム「E3.series」を採用いただきました。
 導入の経緯、期待する効果について、設計部 中島 俊一氏と管理部 企画課の富田 翔太氏にお話を伺いました。

※この導入事例のPDFファイルをこちらからダウンロードできます。


sysmexs.jpg■シスメックス株式会社 様

図面間連携によって検図作業とミスによる手戻りが激減
「E3.series」の導入により、配線設計全体の期間が半分に

病気の診断や治療方針の決定、治療効果のモニタリングに不可欠な「検体検査」領域において、機器・試薬・ソフトウェアをグローバルに提供しているシスメックス株式会社(以下「シスメックス社」)。1968 年の設立以来、赤血球や白血球などを分析するヘマトロジー(血球計数検査)分野から、血液凝固検査や免疫検査などの分野に加え、ライフサイエンス分野にも事業領域を拡大し、検体検査に必要な機器・試薬・ソフトウェアの研究開発から生産、販売・サービス&サポートまでを一貫して行うメーカーです。近年は患者さん一人ひとりに最適な医療(個別化医療)の実現を目指し、新たな検査・診断技術の創出に注力するシスメックス社 の研究開発拠点、テクノパーク(兵庫県神戸市)を訪ね、図研の電気制御・ケーブル設計システム「E3.series」導入について、お話を伺いました。

※この導入事例のPDFファイルをこちらからダウンロードできます。


segas.jpg■株式会社セガ・インタラクティブ 様

すべての時間を「面白い」のために!
ハーネス図作成の時間を半減させるセガ・インタラクティブの取組み

斬新なアイデアをもとに多くの新しい製品やサービスを生み出し、世界中のあらゆる人に感動体験を提供するセガグループ。その中でプライズゲームやビデオゲーム、メダルゲームなど、ゲームセンター用のゲーム機を開発・生産・販売している株式会社セガ・インタラクティブは、ハーネス図にかかる工数を削減すべく図研の電気制御・ケーブル設計システム「E3.series」を導入しました。導入の経緯、期待する効果について、開発部門のある横浜事業所を訪問し、企画設計生産本部 プロダクト研究開発部 副部長 近藤 康博氏、同部 副主査 山本 兆秋氏、企画設計生産本部 プロダクト業務推進部 主査田中 真人氏にお話を伺いました。

※この導入事例のPDFファイルをこちらからダウンロードできます。


fujis.jpg■株式会社FUJI (旧社名:富士機械製造株式会社)様

設計者を、本来あるべきクリエイターへ
電気制御 CAD 「E3.series」の導入を決めた理由

スマートフォンやパソコン内のプリント基板に電子部品を実装するロボットを開発する富士機械製造株式会社(以下、富士機械製造)。同社のロボットソリューション事業では、主力機種の「NXT」や関連装置にとどまらず、統合生産システム「Nexim」も提供しています。世界トップシェアを誇るチップマウンターは面積生産性や実装精度で圧倒的な強みを持ち、実装機の需要が増加する中で世界中に展開されています。同社のロボットソリューション事業本部 制御技術部 第 2 制御課 課長水越氏に「E3.series」を導入した経緯を伺いました。

※この導入事例のPDFファイルをこちらからダウンロードできます。


【XVL Studio WR 導入事例】

ShinkoTechno■神鋼テクノ株式会社 様

設計段階での3D配線検討が
製造・メンテナンス作業でのバラツキを防止
製品QCD 向上に貢献、カスタム品設計の時短にも効果発揮


神戸製鋼グループの機械・制御設計を担う神鋼テクノ株式会社は、環境保護、省資源、省エネルギーに貢献する様々な機械や装置を設計しています。
 環境エネルギー本部 冷熱・エネルギー室が設計している産業用冷凍機ユニットの使用用途は多岐に渡り、港湾設備に代表される大型冷凍・冷蔵庫や食品、医薬品、化学品等の製造ライン、自動車等に代表される産業機器の環境試験装置に組み込まれています。
 その冷凍機ユニットの設計に活用している3D CADにおいて、先行する機械部分に加えて電気配線箇所の領域までを3Dデータで融合することでユニット設計のシームレス化を実現し、課題の解決や組み立て精度の向上を目標に「XVL Studio WR」を導入していただきました。導入の経緯、期待する効果について、課長の佐立 浩一氏にお話を伺いました。

※この導入事例のPDFファイルをこちらからダウンロードできます。


【XVL Studio Z 導入事例】

nichis.jpg■ニチコン株式会社 電源センター 様

数十万件のチェック項目が一日で完了 !
設計データの活用で絶縁距離検証の効率を劇的に向上


ニチコン株式会社は、1950 年の創立以来一貫して、あらゆる電子・電機機器に不可欠なコンデンサや回路製品の開発・製造・販売をメインに行う企業です。この度、蓄電システムと一般電源(スイッチング電源)の企画、設計、品質保証を行っている電源センター様に、図研のエレメカ検証ツール「XVL Studio Z」を導入いただきました。導入の経緯や効果について、 ニチコン株式会社 電源センター 技術管理部 CAD グループ 課長 齋藤 孝氏、同グループ 主任技師 西田 智宏氏、同グループ 技師 横田 力氏にお話を伺いました。

※この導入事例のPDFファイルをこちらからダウンロードできます。


閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。