HOME > お知らせ > イベント・セミナー > XVL 3次元ものづくり支援セミナー2019(名古屋)
お知らせ

イベント・セミナー

イベント・セミナー

XVL 3次元ものづくり支援セミナー2019(名古屋)

xvl2019_img.png

図研は、ラティス・テクノロジー株式会社主催の「XVL 3次元ものづくり支援セミナー2019(名古屋)」に出展し、XVL技術を用いた工場全体の見える化をテーマに、講演および展示を行います。

講演は、図研 オートモーティブ&マシナリー事業部長の大澤 岳夫が、「IoT時代の電気・電装設計における XVL の優位性と事例 ~ フル3D設計の限界と現実解 ~」と題し、プリント基板の 3D 連携から始まり、ユニット間のケーブル / ハーネス設計、最近ではスマートファクトリー内の設備間ケーブル接続や新たな取り組みとしてBIMデータを活用したスマートハウスの電気配線設計など、現状の 3D-CAD BIM ツールが実現できない設計環境への適用をご紹介します。

また展示ブースでは、図研の「FACTORY DIGITAL TWIN」として、

①工場建物内設備の配置やケーブル配線計画を統合して管理
②データ化された工場内での人体モデルを使った安全・作業性の確認
③設備の移動シミュレーションによるライン再構築の検討
④新規設備の制御プログラムシミュレーションを通じた生産能力の確認

など、XVLを活用した工場のデータ化を紹介しています。
ぜひご来場ください。

展示会名 XVL 3次元ものづくり支援セミナー2019(東京)
日時 2019年 7月19日(金)
会場 ウインクあいち
費用 無料(事前申込制)
定員 200名
主催 ラティス・テクノロジー株式会社
公式サイト https://www.lattice.co.jp/events/2019/0719-seminar2019nagoya

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。