HOME > お知らせ > イベント・セミナー > 製品設計技術セミナー 電磁ノイズに強い回路設計編
お知らせ

イベント・セミナー

イベント・セミナー

製品設計技術セミナー 電磁ノイズに強い回路設計編

競争力のある製品を開発するため電気設計者に求められる、電源の要所である電源ICの選定とその周辺回路のEMC対策技術。これらを基礎から学べる、ノイズ対策入門セミナーです。

ノイズに強いと定評のあるリコー電子デバイスの電源ICを題材に、EMCの基礎的な対策手法、および回路基板のEMC設計手法を解説する内容で、実践力がしっかり身につきます。ゲスト講師にリコー電子デバイス株式会社 開発者をお招きし、基板設計の注意点や、考慮すべきポイントなどについて詳しく伺います。

Z-R_emc_design_seminar_img.png


seminar_entry.jpg

展示会名 製品設計技術セミナー 電磁ノイズに強い回路設計編
日時 2019年 3月1日(金) 13:30~17:00
会場 図研 本社・中央研究所 図研ホール
内容

1). EMI対策技術 -CISPR25対応例を交えて-
リコー電子デバイス株式会社 設計部 設計一課 スペシャリスト 佐藤 尭厚 氏

DC/DCコンバータを例に、基板設計時の一般的留意点をはじめ、車載EMI規格であるCISPR25に適合させるため、EMIを低減させた実例を紹介します。

2). EMS対策技術 -EMS障害に関する知見と製品応用-
リコー電子デバイス株式会社 設計部 製品課 チームリーダー 吉井 宏治 氏

EMSによる障害原因の一つに、ノイズによるリニアレギュレータの出力電圧変動や誤動作が挙げられます。一方、電源ノイズ除去についてのご相談をしばしばお受けします。そこで、電源IC設計を通じて得た知見や、それを活用した製品などを紹介します。

3). EMC設計の効率化 -EMC設計ルールの活用と効果-
株式会社図研 EDA事業部 営業技術部 SE課 野村 政司

EMC問題を未然防止する「EMC設計」について、解析と実測による「ノイズの見える化」で得たノウハウを設計ルール化し、それを設計プロセスで活用するルールベースデザインの考え方と、その事例および効果について解説します。

費用 無料(事前参加登録制)
主催 株式会社図研

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。