HOME > お知らせ > ニュースリリース > 図研、「E3.series」用CADライブラリを大幅拡充
お知らせ

ニュースリリース

ニュースリリース

図研、「E3.series」用CADライブラリを大幅拡充
タイコ社、ハーティング社、Lapp社製部品ライブラリ約26,000点を追加
(2014/01/14配信)
図研、「E3.series」用CADライブラリを大幅拡充

株式会社図研(以下、図研)は、電気制御・ケーブリング設計システム「E3.series」用のライブラリとして、タイコ エレクトロニクス社、ハーティング株式会社、Lapp Group社製等の部品約26,000点の提供を開始しました。これにより、「E3.series」用のライブラリは、日本製・海外製を含めて約14万点が利用可能となります。

複雑化する制御設計プロセスにおいて、設計ミスの防止や設計の自動化による設計工数の削減など、CADの導入は大きな効果をもたらすものの、多くの企業にとってCADライブラリ整備(登録、更新)が大きな負担となっています。とくに産業機械メーカーの電気設計部門は、設計支援部門のサポート対象にならず、設計者自らがライブラリ登録を含めた運用まで行っているケースもあり、結果として導入したCADの有効活用を阻害しています。(参考資料参照)

このような状況を踏まえ図研では、産業機械メーカーを中心に導入が増加している「E3.series」用のCADライブラリ拡充への取組みを強化しています。世界で26,000ライセンスの実績を活かして、これまでも各国の主な「E3.series」ユーザの要請にもとづき、ライブラリを拡充させてまいりましたが、今後国内においても、この取組みをさらに強化・発展させるための新しい活動を推進しており、随時その成果をご案内していく予定です。

図研は、「E3.series」の機能向上とともに、CADライブラリの登録・配信を拡充することにより、産業機械分野の製品開発力強化に貢献してまいります。

なお、今回追加配信されるCADライブラリは、以下のサイトよりダウンロードが可能です。
https://support.zuken.co.jp/global/

(参考資料)
zi2010_e3.png

出典:図研プライベート展「Zuken Innovation 2010」 における講演、"「正しく早く」をより簡単に!電装設計ソリューション「E3.series」のご紹介" 資料より一部抜粋、改訂
 

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。