fromz_vol11
15/24

Feature Articleソーシャルメディアが可能にするモノづくり業界のネクストステージ― リアルタイムに「つながる」。その真の利用価値とは ー切り口から簡単に紹介してきた。もちろん、本稿で紹介したことがすべての企業に当てはまるとは限らないし、新たなITトレンドの導入に対して慎重に構える企業も多いことだろう。しかしソーシャルネットワークの仕掛けは、大掛かりな業務システムとは異なり、極めて低コストで気軽に始められる点に特徴がある。Face bookならもちろん無料、本稿で紹介したChatterも、セールスフォース・ドットコムの他製品を既に利用しているユーザーなら追加投資ゼロですぐに利用を開始でき、さらにはそれ以外の従業員に対して無償利用の範囲を拡大できる。まずは第一歩として「お試し」で利用してみて、その効果を見ながら徐々に適用範囲を広げていくというやり方が可能なのも、ソーシャルネットワークならではの特徴だといえよう。ここまで紹介してきたようなことは、Facebookのような個人向けの無償SNSの機能でも十分可能だが、多くの社内SNS製品ではこれらに加え、セキュリティをはじめとした企業用途に特化したさまざまな機能が備わっている。その最たるものが、「人以外のもの」をフォローできるという機能だ。Chatterを例にとって説明すると、Facebookと同じように人やグループなどをフォローできるほか、「商談」や「ドキュメント」「取引先」「プロジェクト」といったフォロー対象を自由に設定できるようになっている。例えば、製造業の設計部門であれば、特定の設計書のドキュメントをフォロー対象に設定し、その設計に関係する従業員全員がそれをフォローしておく。そうすれば、そのドキュメントに何らかのアップデートが発生した際、つまり設計変更が加えられた際には、即座にフォロワーすべてのタイムライン上にその旨がポストされる。このような使い方は、特に海外拠点を含めた分散開発において重宝されるはずだ。事実、榎氏によれば、CADデータを共有しながら設計者同士がChatter上でリアルタイムにやりとりするような活用例が、日本国内でも出てきているという。以上、製造業にとってソーシャルネットワークがどのような利用価値を持つか、マーケティングから現場の業務改善に至るまで、さまざまな人以外のものがフォローできる社内SNS製品15from Z_Vol.11_2012

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です