【1D2】

DFM Center

 CR-8000 DFM Center ロードマップ



今回のセッションでは、DFM CenterとADMのコンセプト/カバー範囲をあらためて説明するとともに、近年皆様が取り組まれているIoT、スマートファクトリーを実現するための「つなぐ」にDFM Centerがどのようにお役立ちできるのかを、中期的な開発テーマを含めて説明します。
セッションの後半では、部品実装、DFM検証、基板製造の3つのソリューションの機能概要、および新機能群を紹介します。


konnna

基板製造メーカ/部品実装メーカ/EMSメーカ/セットメーカの部品実装部門のエンジニアで、
特に以下のような方々

  • 部品実装のエンジニアリング部門で、実装の準備工程に関わっている
  • DFM検証のシステム化を検討している
  • 基板製造のエンジニアリング部門で、部門内の複数のCAMツールを統合化したいと考えている



point

  • 部品実装準備エンジニアリング部門向けの新規&改善機能群
  • DFM検証ツールとしてのカバー範囲と新機能&新規チェック項目
  • 基板製造(特にFPC)向けの、工程&基板の構造検討機能群
  • SPI、AOI/AXI連携機能
  • ADMチェック結果グラフ機能



panel

【DFM Center:ブースNo.15】

  • 基板設計の最終工程から/製造/部品実装まで幅広く支援するトータルソリューションCAM CR-8000 DFM Center。製造設計を効率化する設計機能や製造性/実装性検証機能の他、新規/開発予定機能を紹介



ziw_entry_button



ZIW2018 ロードマップセッション インデックスに戻る