CR-8000+DS-2_logo【2D2】:
 モジュラーデザインの
 具体的運用事例と
 今後の方向性




zubari


図研が提唱する「エレキ・モジュラーデザイン」について、実践に基づいたより具体的なイメージを掴んでいただきます。また、MBSE(モデルベースシステムズエンジニアリング)と連携することでどのようなメリットがもたらされるのか、今後の図研による取組みの展望をお話しします。



point


  • 確実に設計効率・品質が上がる! 回路ブロックIPの管理
  • 設計上流段階での回路ブロック活用がこんなに便利に!
  • IPに紐づけられた関連ドキュメントで、設計意図を伝承!



ear


  • 自動車や鉄道、航空宇宙機器などを始めとする、複雑な複数システムから構成される製品の設計に携わる方
  • エレキ設計の視点で全体最適化を検討/推進している方
  • MBSEを実際のエレキ設計につなげる具体的なイメージが沸かない



hiruko_dialogue

ヒルコ

本セッションでは先ず、システム設計の全体最適化を目指すための、設計資産の有効活用によるエレキ・モジュラーデザインの具体的な実現手法を、お客様事例を踏まえてご説明します。

その上でさらに、複雑な複数システムを内包する製品群の設計に特に有効とされるMBSEについて、図研がエレキ設計の視点からアプローチするとどのようなメリットが提案できるか、その計画・展望をご紹介します。



ziw_entry_button



ZIW2017 ロードマップセッション インデックスに戻る