ModuleStationは、協賛デバイスメーカーが提供する推奨回路をCR-8000のCADデータで、いつでも簡単にダウンロードできるWebサービスです。

ModuleStationを利用するメリットは以下のとおりです。

① エレキ設計で標準的に利用されるカテゴリ毎に回路図が分類されており、検索キーを入れるだけで欲しい要件を満たす回路が検索できる。

② Webサービスなので探したいときにすぐアクセスして利用できる。

 

(※クリックで拡大します)

(※クリックで拡大します)

 

③ 回路図はCR-8000 Design Gatewayのデータで提供されるので前述した「シンボルシート」や「階層ブロック」に応用できる。

 

(※クリックで拡大します)

(※クリックで拡大します)

 

④ デバイスメーカーが提供しているから技術的な裏付けもあり、安心。
このサービスを利用する際には、費用は一切かかりません。簡単な会員登録を行うだけですぐに利用を開始できます。さらに、掲載して欲しい回路があればリクエストすることもできます。

 

(※クリックで拡大します)

(※クリックで拡大します)

 

いかがでしたか?今回はエレキモジュラーデザインの基礎になる回路モジュール整備の取り組み方の一例とそれを支援するツール、コンテンツをご紹介しました。

特別な内容ではなく、すぐに着手できるものばかりです。
あれこれ悩む前に、まずは身近にあるものを利用してエレキモジュラーザインの第一歩を踏み出してみてください。

 

ModuleStationの詳細はコチラ ⇒ bnr_img_Mst_02

 


1
2