システムレベル回路検証はここまで進化した!<br />「Design Gateway 2019 新機能紹介」
システムレベル回路検証はここまで進化した!
「Design Gateway 2019 新機能紹介」

今回は Design Gateway 2019 の新機能から、システム回路設計に役立つシステム・コネクション・ベリファイヤを実際の操作感を交えてご紹介します。

 

システムレベルの回路検図が簡単に! システム・コネクション・ベリファイヤ

複数基板の勘合チェックでは、 (続きを読む…)

,

2019年6月27日
かゆいところに手が届く! <br />選りすぐり「Design Force 2019 新機能紹介」
かゆいところに手が届く!
選りすぐり「Design Force 2019 新機能紹介」


第2回:効率大幅アップ編

先月号に続き、今回も Design Force 2019 の選りすぐりの新機能を、実際の操作感を交えてご紹介します。
第2回目は、「効率大幅アップ編」です。


 

自動配置や部品アレンジがますます簡単に!『部品グループの簡単作成機能』

部品レイアウト段階では、ICやコネクタなどの主要部品の配置を決めた後、基板の外に仮置きされている数十、数百もの部品の配置作業を行いますが、部品点数が多いとかなり手間がかかりますよね。機能ブロック毎に部品を集約するだけでも一苦労かと思います。
Design Force 2018 では「自動配置」機能をリリースし、 (続きを読む…)



2019年5月30日
Zuken Germany 「ハノーバーメッセ2019」出展レポート
Zuken Germany 「ハノーバーメッセ2019」出展レポート

- 電気/電子設計および製造向けソリューションのご紹介 -

 
こんにちは、Zuken Germany(以降ZG)のクラウスです。日本のClub-Z読者の皆さんへ、今回のハノーバーメッセでのZGの出展内容をご紹介します。

 
「明日の産業が生まれるところ」 ― これがハノーバーメッセ2019の標語です。ハノーバーメッセ(英語ではハノーバーフェア)は世界最大の (続きを読む…)



2019年5月30日
<br />第11回 電源監視ICってなに?(その2)<br /><br />

第11回 電源監視ICってなに?(その2)

基礎講座「おしえて電源IC」

皆さんこんにちは、リコー電子デバイスの講師Sです。

 前回はマイコンの電源電圧を監視してマイコンの電源起動時のパワーオンリセット信号の生成や、マイコンの電源が一時的に正常動作の動作範囲外に低下した場合にマイコンにリセットをかける電源監視ICについて説明しました。また、機能安全用途として電圧低下検出だけでなく、過電圧検出も同時に行うウィンドウタイプの電源監視ICについても言及し、電源監視ICの特性として検出精度が重要であることを説明しました。

 今回はマイコンの電源電圧を監視するICではありませんが、電源監視ICと同様にマイコンを監視するという意味で同じ範疇にはいるウォッチドッグタイマーICを取り上げて説明したいと思います。ウォッチドッグタイマーICはマイコンから定期的に生成される信号を監視することでマイコンがプログラムどおりに正常に動作しているかどうかを判定するICです。マイコンからの定期信号が途切れた場合に異常と判断してマイコンをリセットします。 (続きを読む…)

,

2019年4月23日
第4話<br />プリント基板、売る方も買う方も詳しくない?<br />価格のみの勝負になっている
第4話
プリント基板、売る方も買う方も詳しくない?
価格のみの勝負になっている

プリント基板・部品実装技術で日本の強みを!

 
皆さん、こんにちは。
有限会社 実装彩科の斉藤です。

 
冒頭、ずいぶん尖がったタイトルですみません。

仕事がら、電子機器セットメーカ、基板メーカ、商社のいずれかの立場に立って、お客様のところへ同行させて頂くことがあります。そこで感じるのが「技術的な会話が成立していない」ということです。御用聞きのみ、あるいは価格だけの話になってしまっている場面によく遭遇するのです。
(続きを読む…)

,

2019年4月23日
かゆいところに手が届く! <br />選りすぐり「Design Force 2019 新機能紹介」
かゆいところに手が届く!
選りすぐり「Design Force 2019 新機能紹介」


第1回:時短編

2019年3月にリリースされた Design Force 2019 では、部品配置・配線・面などの設計をより一層効率よく行えるよう、さまざまな機能を進化させ、機能追加も行っています。

今号から3回の予定で、選りすぐりの機能を、実際操作した使用感も交えてご紹介します。
第1回目は「時短編」です。 (続きを読む…)



2019年4月23日