Posts in category: Club-Z劇場
編集長ヒルコの<br />「もっと知りたいその話:TECHNO-FRONTIER 2018編」
編集長ヒルコの
「もっと知りたいその話:TECHNO-FRONTIER 2018編」

第3回:解析主導型設計で、IoT時代を乗り切ろう!

4月の「TECHNO-FRONTIER 2018」でのブース内プレゼンテーションの担当者に、編集長ヒルコがグイグイとインタビューする本企画。3回目はいよいよ、回路・基板設計フェーズでのQCD改善について、気になるところを訊いてきました。 (続きを読む…)



2018年7月25日
編集長ヒルコの<br />「もっと知りたいその話:TECHNO-FRONTIER 2018編」
編集長ヒルコの
「もっと知りたいその話:TECHNO-FRONTIER 2018編」

第2回:簡単なだけじゃない! 直感的回路設計の真の実力に迫る

4月の「TECHNO-FRONTIER 2018」でのブース内プレゼンテーションで、特に人気を博したセッションを取り上げ、ヒルコが担当者に徹底インタビューする本企画。2回目は、最も多くの方にご聴講いただいた、セッション番号”7”「簡単に描ける! 直感的回路設計とは?」です(プレゼン動画はこちら:YouTubeへリンク)(続きを読む…)



2018年6月27日
編集長ヒルコの<br />「もっと知りたいその話:TECHNO-FRONTIER 2018編」
編集長ヒルコの
「もっと知りたいその話:TECHNO-FRONTIER 2018編」

第1回:「超流用設計」の実現方法、メリットなど、とことん訊いてきました!

先月幕張メッセで開催された「TECHNO-FRONTIER 2018」では、1,000名を優に超えるお客様にご来場いただき、まことにありがとうございました!
今号から何回かに分けて、今回初の試みだったブース内プレゼンテーションで、特に人気を博したセッションを取り上げ、ヒルコが担当者にインタビュー。会場では語りきれなかった、読者の皆さまが「そこ、もっと聞きたかったんだよ」と思われる部分も含め、内容をより深く理解していただけるようにあらためてご紹介します。 (続きを読む…)



2018年5月23日
第三回:アーキテクチャ設計、構想設計(葛城ミサトの場合)
第三回:アーキテクチャ設計、構想設計(葛城ミサトの場合)

ZERV本部、人類補完計画始動

「マウナケア観測所で捕捉。第3監視衛星が光学で捉えました。最大望遠でモニタに出します。」
青葉シゲルが正面のプロジェクションを衛星画像に切り替えた。

「光を歪めるほどのA.T.フィールドとは、恐れ入るわね。」
続けてデータが読み上げられる。

「MAGIの軌道計算。ZERV本部への命中確率、99.9999%。10-6です。」
「直撃時の爆砕推定規模は、第3新東京市は蒸発、セントラルドグマも丸裸の規模です。」
葛城ミサトがリスクの定義を思い出す。

「危害のひどさと、起こりやすさ、これがリスクの定義。最高レベルね。

(続きを読む…)

,

2017年10月25日
第二回:機能安全と規格の動向(加持リョウジの場合)
第二回:機能安全と規格の動向(加持リョウジの場合)

ZERV本部、人類補完計画始動

エヴァンゲリオンのユーロ支部持ち込みにあたり、CEマーキング機会指令の取得に必要な国際規格への準拠を、ゼーレがZERV本部に求めてきている。密にその動向を探るべく活動する加持。そしてゼーレの推進する人類補完計画(リスクベースデザイン)が、とても広い分野に広がっている事実をつかみ、ゲンドウ達に秘密裏に伝達するのだが・・・

(続きを読む…)

,

2017年7月19日
第一回:本質安全と機能安全(ZERV本部の場合)
第一回:本質安全と機能安全(ZERV本部の場合)

ZERV本部、人類補完計画始動

ZERV本部にエヴァ4号機と北米第2支部が消滅したという知らせが届く。この突然の知らせにZERV関係者全員がエヴァンゲリオンは本当に信用できるのか漠然とした不安を抱いていた。設備や機械の開発には本質安全(ISO-12100)に基づいたアプローチをしているはずなのに一体なぜ・・・

(続きを読む…)

,

2017年5月17日