HOME > 製品・サービス > メカトロニクス産業向けソリューション > 統合データベース型電気CAD/ケーブル製作図自動化:E3.series

ケーブル製作図の自動出力により、設計付帯業務を削減する 「E3.series」

E3.seriesは、電気制御・電装およびケーブル、ハーネス設計のための統合電気CADです。E3.seriesの先進的で強力な機能と豊富なオプションが評価され、自動車メーカとその設備関連企業を中心に、工作機械・産業機器メーカなど3,000社以上で実績があります。


E3.series が選ばれる理由として、設計情報の統合管理があげられます。E3.seriesでは、設計情報を一つのデータベースとして統合管理するため、「回路図」「接続図」「ケーブル製作図」「盤配置図」など複数図面間で設計情報がリアルタイムに連携し、常に整合性が確保できます。また、この統合管理されたデータによって、帳票やリストだけでなく、さまざまな図面作成を自動化できます。

E3.series_201711s.jpg

各種作業を自動化することで設計付帯業務を徹底的に削減し、設計者は創造的な業務へ注力でき、製品競争力を高めることが可能になります。図研は E3.seriesをコアテクノロジーとして、設計から製造領域まで全体最適の視点でお客様をサポートします。


【導入効果】
 ・全体配線図からケーブル配線図を自動展開。作業効率の向上
 ・ハーネス図の自動出力による工数削減
 ・各図面の一元管理、図面間連携機能でにより転記や検図の回数が激減
 ・図面間連携機能により修正モレを防止、品質上のトラブルを削減
 ・組立図から部品情報などの BOM 情報を PDM に直接格納
 ・部材リストの早期出力による部材発注の前倒しでリードタイム短縮


※ユーザー導入事例(PDF)をご用意しております。詳細については、こちらをご覧ください。


閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。