HOME > お知らせ > イベント・セミナー > XVL 3次元ものづくり支援セミナー2017
お知らせ

イベント・セミナー

イベント・セミナー

XVL 3次元ものづくり支援セミナー2017

xvl2017_img.png

図研は、ラティス・テクノロジー株式会社主催の「XVL 3次元ものづくり支援セミナー2017」に出展し、XVL技術を用いたエレメカ協調設計などをテーマに、講演および展示を行います。

講演は、図研 オートモーティブ&マシナリー事業部長の早乙女 幸一が、
「XVLだからできるエレクトロニクスデザイン」と題し、実用性の高いエレメカ協調設計・開発環境を、お客様の適用事例を交えてご紹介します。
また展示ブースでは、「3D配線経路検討」や「絶縁距離検証」などを実現する図研のXVLソリューションをご覧いただきます。

図研のエレキノウハウと、XVLの3D軽量化技術とを併せた設計環境革新をご提案します。
是非ご来場ください。

※東京会場(コクヨホール)での開催は、5月19日(金)に終了しました。

展示会名 XVL 3次元ものづくり支援セミナー2017
日時 2017年8月4日(金) 10:55~17:30(名古屋会場)
会場 愛知県産業労働センター ウインクあいち(名古屋会場)
内容

講演『XVLだからできるエレクトロニクスデザイン』
図研 オートモーティブ&マシナリー事業部長 早乙女 幸一

機電一体、メカトロニクスといった言葉が産業界に出始めて久しいですが、実際の設計・開発現場に、これらの環境が整備され、十分な活用が進んでいるとの声は多くありません。本講演では、XVLの軽量化3次元技術を用いた実用性の高いエレメカ協調設計・開発環境をお客様の適用事例を交えてご紹介します。

展示『「3D配線経路検討」や「絶縁距離検証」を実現する図研のXVLソリューション』
XVL Studio WR:回路接続情報との整合性を確保しながらの直観的な3D配線経路検討
XVL Studio Z:エレキ要素を含んだ3D仮想検証

名古屋会場のお申込はこちらから(本展の特設サイトへリンク)

費用 無料(事前申込制)
定員 300名
主催 ラティス・テクノロジー株式会社
公式サイト http://www.lattice.co.jp/ja/seminar/seminar_2017.html

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。